加賀フィッシングエリアでルアーフィッシング

淡水の釣り

今日は普段よく行く加賀フィッシングエリアで釣りをしてきました。今回は3時間だけのチョイ釣りです。

朝の9時にゆっくり行ったのですでにほぼ満員です。どこか空いてないかな~と歩いて場所を探します。

すると1台の大型トラックがやってきました。どうやら放流タイムだったようです。

普段の加賀フィッシングエリアは池中央の生簀から放流していますが、なぜかこの日はトラックからの放流でした。

大量のニジマスが滑り台を流れていく光景は圧巻です。これだけ放流されれば私でも簡単に釣れるはず!

・・・・・・・

釣れるわけがないんです。私はこういう人間です。

周りの人は放流されたであろう元気なニジマスをポンポン釣りあげています。というかお隣さんが上手すぎます。

私もそのまねをしましょう。お隣さんに倣って黄色いスプーンを投げて巻いていきます。

・・・・・・・

釣れるわけがないんです。私はこういう人間です。

なにがちがうのやら。ですが周りは関係ありません、己との戦いなのですから(泣)

自分で考えるのが大切なのです。というわけでセニョールトルネードに変更。

ニジマスが後ろから追いかけているのは見えるのですが、どうも食べてくれません。巻くスピードを変えたりセニョールの巻き方を変えてみるのですが私の場合それが何の意味があるのでしょうか?

状況は変わりません。魚にもてあそばれているだけです。

しかし、状況が一変。突然竿が大きく曲がります。

ドラグがキーキー音を立てます。ついに私にもヒットが来ました!

40cmほどの大物。私がこんなすごい魚を釣ることができるとは...

私が釣ったことのあるニジマスの中で1番大きいサイズです。あまりにも釣れない私を哀れんでくれてかかってくれました。
やはり魚にもてあそばれていますね(笑)。

いつの日か釣れた、ではなく釣った、と言えるようになりたいものです。

今日はこの1匹だけしか釣れませんでしたが、大きい魚が釣れて満足です。持って帰って食べたかったのですが、袋も氷もクーラーボックスも持ってくるのを忘れるおバカさんなので、仕方なくリリース。

遊んでくれてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました