宮城アングラーズヴィレッジでトラウト+αが釣れた

淡水の釣り

今日は群馬県にある宮城アングラーズヴィレッジにてルアー釣りをしてきました。群馬だけど宮城です。

宮城アングラーズヴィレッジはトラウトだけでなく、ブラックバスやナマズ、ストライプドバスという珍しい魚を釣ることができます。まあ、結論から言えば私にそんな魚様が釣れるわけありませんでしたが(泣)。

お昼から来たのでやはりほぼ満員でした。加賀フィッシングエリアと比べるとこじんまりとしていてなんだか落ち着きます。
池は3つあって、一番上と真ん中がトラウト、一番下がストライプドバスたちが釣れるようです。

まずは真ん中の池でトラウトを狙います。・・・・・・いつも通りルアーを変えても反応なし。周りも釣れていないから仕方がないんですよ(焦)。

するとオーナーらしき人がエサを播き始めました。水面が一気にバシャバシャし始めます。するとどうでしょう。

エサと間違えて私のルアーを食べてくれました

気を使って私のルアーを食べてくれました。なんと優しいニジマスなのでしょう。

そして心優しいニジマスがもう1匹

ここのニジマスたちは気遣いができる良い方々ですね。

さて、気分がいいので池を移動します。ストライプバスを狙いに下の池へ行きました。

とりあえずミノーやクランクベイトを投げてみますが、反応ナシ。周りの方はブラックバスやナマズを釣っています。

ストライプバスを釣っている方はいませんでしたので、きっと釣ることが難しいのでしょう。決して私が下手なわけではないのです。(ブラックバスもナマズも釣れていない私...)

気を取り直して、1番上の池へ移動。なんと私以外誰もいなくて貸し切り状態でした。

どうやら上の池は釣った魚の持ち帰りが禁止のようで、そのせいか人がいないようです。私は今回も氷や袋を持ってきていないので関係ありませんが。

貸し切り状態の池で釣りをスタート。静かでのどかでとても落ち着きます。これで釣れれば最高です。

・・・・・・・釣れません。オーナーさんもエサを播きに来てくれません。

セニョールトルネードを投げるも、なぜか魚は避けていきます。もう真ん中の池へ移動しようと思ったその時。

一気に曲がる竿、ドラグがキーキー唸るリール。超大物です。いくらリールを巻いても全く寄ってきません。ついに私の時代が来た、そう思いました。

しかし何かおかしい。魚の顔が見えない。尾びれしか見えない。......スレがかりのようです。

...しかし、釣れれば実績になるのです。運も実力のうちです。特大ニジマスを釣った実績が欲しい。

...ニジマスじゃなくね。コイじゃん。なんでいんの?

いろいろ思うことはありましたがコイが釣れました。50cmはあるかな。

なんでエリアトラウトにコイがいるのでしょうか?

...疲れました。トラウトの20倍くらい引きました。柔らかいトラウトロッド、4ポンドのラインでよく釣れたなぁ、と思いながら休憩。

このくらいのサイズのコイをウキ釣りで釣ったら楽しいですね。ノベ竿でのやり取りはリール竿と違って難しいので、そのうちやりたいです。(ルアーよりウキ釣りのほうが得意なのです)

エリアトラウトでコイが釣れた!

休憩後、真ん中の池へ移動。改めてトラウトを釣ります。

どうやら放流があったようで、周りの方はよく釣れていました。え、私ですか?いつも通りです。

なぜ釣れない?コイを釣ったのが悪かったのか?

ここで最終兵器を投入することを決意。新しく買った白スプーンを使います。するとどうでしょう。

ニジマスではなくイタダキマスというらしいです

40cmくらいのニジマス、いや、イタダキマスが釣れたではありませんか!今日は調子がいいです。ついてます。

これ以上欲張ると罰が当たりそうです。というわけで、今日はこれにて釣り終了。

急遽受付で氷と袋を買ってイタダキマスを持って帰りました。さばいてみると、きれいなサーモンピンクの身です。

イタダキマスをいただきます!

何気にさばいたことのある魚で歴代最大でした。いつもの小型ニジマスと違って時間がかかりましたが、おいしさに大満足です。

サーモン好きな私の家族に写真送って自慢しました。優越感に浸れた良い1日でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました