初心者の方におすすめ!サビキ釣りのやり方

釣り方解説

海釣りでは数多くの種類の釣り方があります。多くの道具が必要なウキ釣り、テクニックが必要なルアーフィッシングと、いろいろありますが、道具も少なく、特別なテクニックのいらない釣り方があります。

それがサビキ釣りです。初心者の方でも安定した釣果が望め、釣れる魚はどれもおいしい魚ばかりです。

今回はそんなサビキ釣りについて解説します。

スポンサーリンク

サビキ釣りとは?

サビキ釣りはビニールや魚皮を巻いたハリ(擬餌針)をコマセ(撒き餌)の中に紛れ込ませて、コマセと間違えて魚に食べさせて釣るというものです。

6本ほどの擬餌針とコマセを詰めるカゴが付いた仕掛けが特徴です。仕掛けは釣具店で完成品が売られているため、それを使用するので十分です。

アジやサバなどの回遊魚が釣れる

主なターゲットは回遊魚と呼ばれる魚です。アジやサバ、イワシが代表的で、数が釣れて食べておいしい魚ばかりです。

外洋に面したフィールド

主にアジやサバ、ワカシ(ブリの子供)がターゲットです。外洋に面したフィールドは潮通しが良いため、魚が回遊してくるチャンスも多いです。

ただし、潮の流れが速すぎてコマセが流されてしまう可能性も考えられます。そのかわり、コマセが広範囲に広がって遠くの魚も寄せることができるとも考えられます。

初めてのアジ

内湾のフィールド

主にサッパやコノシロという魚を釣ることができます。サッパは最大で20cmほどの魚で、岡山県ではママカリという名前でおいしく食べられています。コノシロは江戸前寿司で有名なコハダが成長した魚です。

場所によってはアジやイワシも釣ることができます。

内湾は外洋と違って潮の流れが速くはないです。そのためコマセが周りに広がりにくいため、魚が寄ってきにくい可能性があります。

しかし、その分寄ってきている魚が拡散しにくいというメリットもあります。

港内足場が良くは波も穏やかで釣りがしやすいです

必要な道具

サビキ釣りには高価な品は必要ありません。いわゆる入門用の竿やリールでも十分楽しめます。

とりあえずサビキ釣りをやってみたいという方は、必要な道具がセットになった「入門セットが良いでしょう。

あとはクーラーボックスがあれば完璧です。サビキ釣りで釣れる魚は小さい魚なので、クーラーボックスも小型なもので問題ありません。

釣り方

  1. カゴにコマセを詰める
  2. 仕掛けを着底させる
  3. 竿を上下に動かしてコマセを巻き、しばらく竿を静止させる
  4. アタリがなければコマセを詰めなおす

とりあえず上記の1~4を繰り返すことが特徴です。

より多く釣るためのポイント

☆人が多い場所で釣りをする

サビキ釣りは周りに釣り人が多いほうが良いです。ほかの人がコマセを巻いていれば、それによってすでに魚が寄ってきている可能性があります。

トラブル防止のために、釣りを始める前にここで釣りしても良いですか?、と挨拶をしておきましょう。良好な関係を気付いておけば、何か困った時に助けてもらえるかもしれません。

☆仕掛けは静かに着水させる

仕掛け、特にカゴは静かに着水させましょう。ドボンとしてしまうとその衝撃でコマセが出てしまい、着底させたときにはコマセがほとんど残っていないということになってしまいます。

カゴが着水するまではゆっくり糸を出し、そのあとはリールの糸をフリーにして仕掛けを落としてやりましょう。

☆コマセを詰める量

コマセをカゴに詰める量は、だいたい8分目くらいが良いといわれています。量が少ないとコマセがすぐになくなってしまい、ギュウギュウに詰めていると、竿を動かしてもコマセが全然でなくなってしまいます。

☆竿の動かし方

コマセをカゴから出すために竿を動かす際、細かくしゃくってやりましょう。細かく素早くしゃくることで、コマセの出が良くなります。これによって魚を寄せやすくなります。

また、コマセを出した後、リールを1回転巻いてやると、コマセの中にハリが紛れ込むので、魚が食いつきやすくなります。

☆アタリがなければタナを上げる

基本は底付近を攻めますが、いつまでもアタリがない場合、少しずつ狙いのタナを上げていきましょう。

着底してからリールを2回転、次は4回転.....みたいなように、リールを巻く回数を決めておけば釣れた時にどのくらいのタナかということもわかりやすいです。

サビキ釣りで大漁を狙おう

  • サビキ釣りで釣れる魚はアジやサバなどおいしくて数も釣れる
  • 道具は安価なもので十分
  • コツをつかめば周りの方よりも多く釣れる

サビキ釣りは魚さえ寄ってきてしまえば初心者でも大漁が望めます。初めて釣りをする方にはぜひおすすめの釣り方です。

たくさん釣って楽しんで、おいしく食べましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました