淡水魚界最強のエサ取り・クチボソについて

お手軽魚図鑑

クチボソは通称で、正式名称はモツゴといいます。ウキ釣りではある意味でその名が知れ渡っています。

今回はそんなクチボソをかる~く紹介します。

スポンサーリンク

形態

サイズは大きくて大体10cmです。体には1本の黒い線があります。

鱗は1つ1つしっかりしていますが、触るとすぐにはがれてしまいます。また、オスは繁殖期になると顔付近に追星というボツボツが出てきます。

そして、最大の特徴は口です。上向きになっているとても小さなオチョボ口を持っています。

この口のおかげでエサを細かく食べることができます。

引用:写真AC

生態

河川の中・下流、湖、湖沼、農業水路、ため池など幅広い場所に群れで生息しています。比較的汚れた水の中でも生きることができるので、都会の水路や池でも見かけることができます。

小さな池でも群れでたくさん生息しています

繁殖期は4月~7月で、オスは石に縄張りを持ち、けんかをするようになります。そしてメスはオスの縄張りに粘着性の卵を産み、オスが保護します。

虫やプランクトン、藻類など基本的に何でも食べます。

分布

関東より西の本州、四国、九州に分布していましたが、移植により北海道と沖縄を含む日本全国に生息するようになりました。

日本以外では朝鮮半島、台湾、中国といった東アジアに自然分布しています。しかしヨーロッパにも移植によって広がっており、地域によっては侵略的外来種として問題視されています。

利用

茨城県の霞ケ浦でとれたクチボソは甘露煮にして販売されています。しかし、最近はブラックバスやブルーギル、アメリカナマズといった肉食性の外来種によって数を減らしているみたいです。

それによってクチボソの甘露煮という文化が途絶えてしまう可能性があります。

釣り方

クチボソは基本的にメインターゲットとして狙うことはありません。ヘラブナ釣りやタナゴ釣りのエサ取りとして名が知れています。

そのオチョボ口で上手にエサだけをとります。ウキがしっかり沈んでも空振りしてしまうのはこのクチボソがえさをついばんでいるからです。

クチボソをメインターゲットとして狙う場合、タナゴ釣りの要領で釣りましょう。

このくらい小さいハリでないとクチボソの口には掛かりません

タナゴ鈎と呼ばれる極小のハリを使えば効率よくクチボソを釣ることができます。ハリの先端に練りエサを小さくつけましょう。

ウキ下は中層付近を狙います。ウキが完全に沈んだら合わせを入れましょう。

タナゴ鈎でようやくオチョボ口に入ります

食べ方

先ほど述べたように、霞ケ浦でとれたクチボソは甘露煮として販売されています。水質が悪い場所で釣れたクチボソは臭みがあるので、食べたいのであればきれいな水の場所でとれたクチボソを食べましょう。

甘露煮以外では唐揚げやてんぷらにするとおいしく食べれると思います。

まとめ

釣り人からはエサ取りとして妬まれているクチボソですが、地域の文化に根付いている大切な魚でもあります。都市の水域でも生息しているのであなたのすぐそばにもいます。

気が向いたら釣ってみるなり網ですくってみて観察してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました