お手軽図鑑 冬の風物詩・ワカサギの紹介

お手軽魚図鑑

ワカサギは冬の風物詩として、釣りをしない方にも有名な魚です。そして釣りをする方には不動の人気を誇っています。

今回はそんなワカサギをかる~く紹介します。

スポンサーリンク

形態

サイズは最大で15cm程度で、細長い体が特徴です。体色が金色っぽい個体や、銀色っぽい個体がいます。

また、背びれの後ろにはサケ目特有の脂ビレがあります。ワカサギは実はサケの仲間です。

脂ビレは非常に小さいですが、これがないと水中で体の位置を同じ場所に保ち続けることが難しくなるみたいです。

引用:写真AC

生態

湖沼やダム湖、河川の下流域、沿岸域に生息しています。実はもともとは海水域にいる魚ですが、今ではすっかり淡水魚という認識になっています。なんで海水魚を湖に放流しようと思ったんですかね?

成長のために海に降る個体と、淡水域にとどまる個体がいます。卵は直径1mmほどの付着性の卵で、水草や枯れ木に産み付けられます。

実は水質汚染には結構強いです。

釣りをする方ならわかるように、虫を食べますが、基本的には動物プランクトンを食べます。このため、水質が非常にきれいなところではプランクトンが全然いないため、ワカサギも大きく成長できません。

長野県の松原湖のワカサギは非常にサイズが小さいことで有名です。

また、ワカサギとヒメマスが一緒に生息している湖では、ワカサギが増えるとエサの競合でヒメマスの数が減少してしまうようです。

ワカサギを活き餌にトラウトやブラックバスが釣れるように、ワカサギは大型魚の良いエサになっています。食物連鎖を支える大切な存在でもあります。

分布

自然分布ではロシア、サハリン(樺太)、日本では主に北日本です。現在は人為的な放流により四国と沖縄を除くほとんどの県で生息が確認されています。

自然分布からわかるとおり、冷水性の魚ですが、幅広い水温に対応できるため、南のほうの県でも生息が確認できます。

人為的な放流の目的はほぼ100%が遊漁(釣り)を目的としたものと考えられます。

利用

江戸時代に常陸国麻生藩(今の茨城県行方市)が徳川11代将軍徳川家斉に年貢として、霞ケ浦で獲れたワカサギを年貢として納めていました。そのため公儀御用魚と呼ばれ、それが転じて現在は「公魚」と漢字で書きます。

その名に恥じないおいしさは現在でもごちそうに変わりありません。淡水域の漁業(内水面漁業)における大切なターゲットです。

釣り方

主に冬に釣られます。ほかの釣り物が少なくなる時期に釣れる嬉しいターゲットです。

ワカサギ釣りの道具は非常に進化していて、専用のワカサギ竿と電動リールを使います。仕掛けは胴突き仕掛けと呼ばれる、一番下におもりが付いていて、その上に6本くらいハリが付いた仕掛けを使います。

エサはサシ(ハエの幼虫)を赤く染めた紅サシや白サシ、赤虫を使います。何でサシを赤く染めたかというと、ワカサギが普段食べる赤虫と色が同じだからです。状況に応じてエサを使い分けますが、とりあえず紅サシがあれば大丈夫です。

ハリにエサをつける際、サシの両端にハリをつけて、真ん中をはさみで切ってやりましょう。エサのサイズが小さくなって食い込みが良くなり、臭いもよく出て、なおかつエサ付けの時間も短くて済みます。

ワカサギは基本的に底付近を群れで泳いでいるので、仕掛けが着底したらそのままおもりが底を付かず離れずくらいを保っていましょう。

竿を細かくシェイクさせて、その後10秒くらい止めて食ってくるのを待ちます。そしてまたシェイクさせて止めてを繰り返します。

シェイクすることでアピールすることもでき、魚を焦らすこともできます。我慢できなくなったワカサギはエサが止まった時にすかさず食いついてきます。

また、エサはこまめに変えましょう。体液が出きったエサはワカサギは食べません。

ワカサギ釣りは凍った湖に穴をあけて行うというイメージがあるかもしれませんが、それは昔の話です。今は暖房のきいたドーム状の船の中で快適に釣りをすることができます。

他には手漕ぎボートに乗ったり、昔のように氷に穴をあけて釣ることもできます。

ドーム船は貸切ることもできたりするので、仲の良い友人とワカサギ釣り大会をするなんてこともできますよ(私は友人がいないので一人で手漕ぎボートに乗って寒い思いしてます)

東京からでも芦ノ湖や相模湖は近いのでオススメです。ワカサギ釣り用のボート屋やドーム船も充実していますし、道具のレンタルもできます。

食べ方

徳川家斉に献上されるだけあって、非常においしい魚です。てんぷらや唐揚げ、甘露煮が一般的です。

釣れたワカサギはジップロックに入れてクーラーボックスで冷やして持って帰ってきましょう。

魚体に直接氷が当たらないように持って帰ってきましょう

ワカサギは下処理が非常に楽なのもうれしいポイントです。塩で揉んでぬめりと汚れを落とし、水で洗い流すだけでOKです。

腹を押して糞を押し出してもいいでしょう。ただし、時期によっては卵を持っているので糞と一緒に出てきてしまいます。自分の気分と相談してください。

最近ではスーパーでも売っていることが多いので、思い立ったら買ってくることもできますよ。

ワカサギの唐揚げ。丸ごと食べれるので栄養も豊富です

まとめ

今も昔も人々に大切にされてきた由緒正しき小魚、それがワカサギです。過酷だった釣り方も時代とともに進化してより簡単に、より快適に、より手軽に釣れるようになり、ますます身近な魚となりました。

普段大物釣りばかりする方も、気分転換で冬はワカサギを釣って小魚の面白さを楽しんでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました