お手軽図鑑 キラキラヌメヌメの魚・ヒイラギについて

お手軽魚図鑑

海釣りでシロギスを狙っていると掛かってくる魚、それがヒイラギです。釣りをする方からは基本的に外道として扱われています。

今回はそんなヒイラギをかる~く紹介します。

スポンサーリンク

形態

サイズは大きいものだと20cmほどに成長します。体は側扁(腹と背中が離れているが、左右は平べったい)していて、薄っぺらいです。

口は前に大きく伸びます。ヤゴみたいな感じです。海底の底生生物を食べるときに掃除機のように吸い込んでエサを食べるときに、口が伸びると便利みたいです。

頭部から体側前方には鱗はなく、ぬめりでおおわれています。このぬめりは結構強力で、手に付くとなかなか落ちません。そのぬめりのせいか、体表はキラキラと輝いています。

背ビレには棘があり、鋭くなっています。

食道にはバクテリアが共生しており、腹部が発光するらしいです。

また、ヒイラギはグーグー、と鳴き声を上げます。咽頭歯をすり合わせて音を出します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0086-1-1024x576.jpg
体表には金色の紋様も確認できます

生態

内湾の浅瀬や河口付近の砂底、砂泥底に群れで生息しています。淡水にも強いです。

5月~7月ごろに繁殖を行います。

普段は底生生物や動物プランクトンを食べます。

分布

北海道を除く日本全国の沿岸で確認できます。朝鮮半島や中国沿岸、台湾にも生息しています。

利用

ヒイラギという名前は植物のヒイラギ(柊)の葉に形が似ていて、同じように棘を持つことに由来します。

意外にも地方名が非常に多い魚です。

  • ギチ(東京)、ギラ(千葉)、ギンタ(和歌山):キラキラしているから
  • ネコゴロシ(静岡)、ネコナカセ(浜名湖周辺):身が少なく棘が鋭いから
  • エノハ(鳥取):エノキの葉に似ているから

ヒイラギは英名はponyfishと言います。ヒイラギの口が伸びた様子が馬(ポニー)の鼻先を連想させるためこの名がつけられたといいます。

釣り方

ヒイラギをメインに狙うことはないと思いますが、チョイ投げや、サビキ釣りで釣ることができます。私はウキ釣りで釣りました。

ヒイラギは波の穏やかな砂地や砂泥の底付近にいるため、堤防の内側で砂地になっている場所を狙いましょう。というか、シロギスが釣れるような場所にヒイラギもいると思っていいと思います。

エサはオキアミでもイソメでも釣れます。ただし、口があまり大きくはないので小さめのハリに小さくエサをつけるようにしましょう。

ヒイラギは群れで泳ぐ魚ですので、1匹釣れたら同じ場所に仕掛けを落としてやりましょう。そうすれば数釣りが楽しめます。

食べ方

あまり食用とはされません。上記で述べたように、身が少なく、棘が鋭いため調理がしにくいです。

もし食べるとするならば、クーラーボックスがぬめりで汚れるのを防ぐために、袋に入れて持って帰ってきてください。

はさみで棘を切り落とし、塩で揉んでぬめりを落とします。そのあとにさばいていきましょう。

唐揚げや煮付け、みそ汁にするとおいしく食べられると思います。伊豆の辺りではヒイラギの干物が売っているらしいので、気が向いたら食べてみてください。

引用:写真AC

まとめ

釣りをする方にとってはシロギス釣りで釣れる邪魔者としか思われていないと思います。ですが、そんなヒイラギも調べてみると結構面白かったです。英名だけで考えるとウマヅラハギとかマトウダイの親戚っぽく見えます(笑)

どんなに小さくて外道扱いされようと、自然界に住む命の一つです。釣れたら堤防の上に放置せず、やさしくリリースしてあげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました