コイによく似た細長い魚・ニゴイの生態や釣り方の紹介

お手軽魚図鑑

ニゴイは淡水にすむ魚で、コイと見た目が似ているのでその名がつけられています。

今回はそんなニゴイについて軽~く紹介します。

スポンサーリンク

形態

サイズは最大で60cmほどまで成長します。体は細長く、吻(口)は長いです。

上顎が下顎よりも大きく、口が下向きになっています。体色は銀色で、うろこは比較的大きいです。

幼魚は体に黒い斑点がありますが、成長とともに斑点は消失します。繁殖期になるとオスは体か黒くなり、吻や胸ビレ、腹ビレに追星というぶつぶつが出てきます。

引用:写真AC

生態

河川の中流、下流、湖に生息します。塩分に強いので河口付近の汽水域でも姿を確認することができます。

汚れた水の中でも生きることができますが、酸素の少ない環境には弱いです。砂や砂利のある水域を好み、底のほうを泳いでいます。

繁殖期は4月~7月ごろで、1匹のメスに対して複数のオスが群がります。そして砂利の中に直径3mmほどの粘着性の卵を産みます。

雑食性で、小魚、水生昆虫、藻類、貝類を食べます。成長するにしたがって小魚ばかり食べるようになり、活発に小魚を追い掛け回すようになります。

コイに姿が似ているからニゴイと名付けられたわけですが、コイとニゴイも違いが多くあります。

コイニゴイ
2対のヒゲ1対のヒゲ
比較的流れの緩やかな水域に生息流れのある水域に生息
吻は長くはない吻が長い
主に水生植物、水生昆虫、甲殻類を食べる成長に従って小魚を偏食する
自然下で70年ほど生きる自然下で10年ほど生きる

分布

近畿地方までの本州と、四国、九州の一部に自然分布しています。西日本に生息するニゴイは、コウライニゴイという近縁種でアユの放流とともに全国に広がっています。

それによってニゴイとコウライニゴイの遺伝子汚染が懸念されています。

利用

栃木県ではサイタタキ漁という専用の漁で漁獲されています。それ以外の地域では漁獲されることはほとんどありません。

商品価値が低いにもかかわらず、大型に成長してほかの魚を食べてしまうのでむしろ厄介者として扱われることが多く、駆除目的で漁獲されることもあります。

ですが、きれいな水域で育ったニゴイは上品な白身で美味とされています。

釣り方

小型のニゴイを釣る場合はウキ釣りがおすすめです。川釣り用の市販仕掛けをそのまま使い、エサはミミズがおすすめです。

ニゴイは底付近を泳いでいるので、エサが底付近を漂うように調整しましょう。ニゴイを寄せるために炒ったヌカを丸めてばらまいてみることも効果的です。

大きく育ったニゴイはその食性から、ルアーに良く反応します。ミディアムライトクラスのブラックバス用のタックルをそのまま流用できます。

エリアトラウト用のタックルを使うとスリリングなファイトが楽しめます。

オススメのルアーはミノーです。ニゴイが食べる小魚とシルエットが似ているため、ニゴイが食いついてくることが多いです。

他にはスプーンでも釣ることができます。大物に備えてハリを太めのものに交換しておくと良いでしょう。

食べ方

きれいな水で育ったニゴイは非常においしい魚で、昔はヒラメの代わりに食べられるほどでした。

寄生虫が怖いので、空揚げや焼き魚、フライといった加熱した料理で食べてください。

ニゴイは小骨が多く、そのまま食べると食べづらいため、ハモの骨切りのように身にだけ包丁の刃入れて小骨をザクザク切ってやると食べやすくなります。

まとめ

ニゴイは派手さはありませんが、釣って楽しく、食べておいしい川魚です。

ぜひ釣ってみてニゴイの魅力を探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました