住宅街でできる・ナマズのルアーフィッシングの紹介

釣り方解説

夏が近づくにつれて魚が活発に活動するようになってきました。様々な魚が釣りやすくなる分、暑いので釣り人にとっては過酷な環境であるともいえます。

そんな中、夕涼みがてら、家から歩いて行ける水路でできる釣りがあります。それがナマズのルアーフィッシングです。

今回はそんなナマズのルアーフィッシングについて解説します。

スポンサーリンク

ナマズのルアーフィッシングの魅力

冒頭でも述べたとおり、ナマズのルアーフィッシングは暑い夏の日でも涼しくなる夕方や夜にできるため、快適に釣りを楽しめます。また、住宅街を流れる水路や河川でできるので、気軽に出かけられるのも良い点です。

迫力のあるバイトが楽しめる

ナマズはトップウォーターのルアーで狙うことが多いです。静かだった水面が突然爆音とともに割れる光景は1度体験すると病みつきになるはずです。

釣れるナマズは良型が多い

住宅街を流れる水路でも平均40cmクラスのナマズが潜んでいることが多いです。中には60cmを超える大物が釣れることもあります。

通行人に自慢できるレベルです。

引用:写真AC

自分でフィールドを開拓するのが楽しい

一見すると魚が1匹もいないような、コンクリートで囲われた水路でもナマズは釣れます。どこに潜んでいたんだと驚かされることでしょう。

本当にちょっとした水路でもナマズが釣れるため、ほかの人が狙わないような場所でも爆釣の可能性があります。

自分だけの穴場を見つけるのもこの釣りの楽しみの1つです。

ナマズのルアーフィッシングに必要な道具

ロッド

ナマズ釣りのロッドに一番求められる性能は食い込みの良さと言えるでしょう。なぜならばナマズは捕食が下手だからです。

グラスロッドと呼ばれるロッドは柔らかく、ナマズのバイトをはじきにくいのが特徴です。長さは2m以下のものが水路では取り回しが容易ですのでおすすめです。

ブラックバス用のロッドを流用できますが、最近ではナマズ専用のロッドもあるので手に入れてみてはいかがでしょうか。

リール・ライン

スピニングリールと両軸リールの2種類が使われます。スピニングリールは両軸リールよりも取り扱いが容易というメリットがあります。

両軸リールはスピニングリールよりも巻き取るパワーがあり、ルアーを狙った場所にキャストしやすいというメリットがあります。

どちらを選ぶかは好みの問題だと思います。

ラインは私はナイロンの5号を使っています。適度に伸びてバレにくいですし、大きなナマズがかかっても切れることがないからです。

ルアー

主にノイジーと呼ばれるトップウォーターのルアーと、ラバージグというルアーを使っています。もとはどちらもブラックバス用に作られたルアーですが、ナマズも問題なく釣れます。

暗い時間帯はノイジーが効果的で、昼間はラバージグで水中を攻めるやり方です。

私個人の考えですが、ナマズのルアーフィッシングは強烈なバイトを見ることが魅力の1つであると考えているため、断然ノイジーがおすすめです。

また、カラーは1色あれば十分だと思っています。

ナマズの口は堅いため、カエシのあるハリを使うとハリが全然外れなくなってしまうことがあります。事前にカエシのないハリに交換するか、カエシをつぶしておいたほうが良いです。

その他必要なもの

  • ライディングネット
  • フィッシュグリップ
  • ペンチ
  • ライト

ライディングネットは安全にナマズをキャッチするために必要です。足場が高いことを考慮して、柄が伸びるタイプがおすすめです。

フィッシュグリップは魚の下顎を挟んで持ち上げるための道具です。ナマズは体表がヌルヌルしているのでつかみづらいですし、直接口を持つとざらざらした歯でケガをしてしまいます。

フィッシュグリップを使ってナマズを持つようにしましょう。

ペンチはナマズの口からハリを外すために使います。ナマズの口は堅いため、素手ではハリを外しずらいです。

夜間にナマズを釣る際、ライトは必需品です。頭に取り付けるタイプは手がフリーになるためおすすめです。

ナマズが釣れるポイント

水路の合流地点

水路の合流地点はナマズのエサが流れてきやすく、流れに変化もあるためナマズが潜んでいることも多いです。流れの境目辺りを狙ったり、支流側から本流側へルアーを泳がせてみましょう。

橋の下

橋の下は日が当たらずに暗いため、昼間でも活性の高いナマズが潜んでいる可能性が高いです。

橋脚がある場合は流れに変化が生まれるためナマズのエサとなる生物もたまりやすいです。

護岸の際

コンクリートで護岸されている岸は、下側がえぐれていることがあります。わずかな隙間であってもそこにナマズが潜んでいる可能性があります。

護岸のぎりぎりをルアーをひいてくると効果的です。

流れ込み

どんなに小さな流れ込みだとしても、その下にナマズが潜んでいる可能性があります。ほかの場所よりも溶存酸素量が多いですし、エサが落ちてくる可能性があるからです。

流れ込みの上にルアーを投げて、流れに任せてルアーを落としてやると食いついてくることがあります。

草でおおわれた場所

岸に草が生えて水面までせり出している場所も狙い目です。ナマズが好む影ができるだけでなく、草から落ちてくる昆虫を待ち構えているナマズが潜んでいるかもしれないからです。

ただし、音で警戒されやすいため、ポイントに近づく際は注意が必要です。

コイが泳いでいる水域

コイが生息している場所にはナマズも生息している可能性が非常に高いです。コイもナマズもエビや小魚を食べるので、コイがいればナマズが生息できる環境と言えるからです。

泳いでいるコイを見つけたらとりあえずルアーを投げてみるのも良いと思います。

良く釣るためのコツ

雨上がりを狙う

雨が降って水が濁っていると、明るい時間帯でもナマズの活性が高くなり釣りやすくなります。光がさえぎられて、エサもよく流れてくるからだと思われます。

少し濁っているくらいがよく、泥水みたいに茶色く濁っている状態では逆に釣りにくくなるので注意が必要です。

ルアーはゆっくり泳がせる

ルアーをゆっくり泳がせることで、ナマズにじっくりとルアーを見せることもできますし、捕食が下手なナマズでも食いつきやすくなります。

スピードの目安としては、ルアーがしっかり泳ぐギリギリの遅さです。何回か巻くスピードを変えてみて最適なスピードを見つけてみてください。

ハリがかりしなくてもそのまま巻き続ける

何度も述べている通り、ナマズは捕食が下手な魚です。1度ルアーを食っただけではハリにかからないことも多いです。ハリがかりしなかったとしてもそのままのスピードでルアーを巻き続けましょう

ナマズは貪欲な魚なので、そのまま2回、3回ルアーに食いついてくることもよくあることです。

近所だからと言っても危険はつきもの

近所で気軽にできる釣りとはいえ、やはり危険はつきものです。以下の危険があるため注意してください。

★雨上がりの増水に注意

ナマズは雨上がりに釣りやすいですが、雨上がりは水路が増水している可能性があります。増水していると想像よりも流れが速いため落水した場合上がってくるだけでも困難になる可能性が高いです。

釣りをしたい気持ちを抑えて、危険だからやめておこうと決断することも大切です。

★足を滑らせないように

足場が草でおおわれた水路で釣りをする場合、雨上がりですと滑る可能性があります。

滑ってケガや落水の危険があるだけでなく、道具を破損させてしまう可能性もあるため、滑りにくい靴を履くようにしてください。

★農家の方に迷惑をかけないように

田んぼのそばを流れる農業用水路で釣りをする場合、田んぼに侵入したり、畔を破壊しないように気を付けてください。

もちろんですが、田んぼ内にナマズがいた場合はそれは狙わないでください。

家の近所で迫力満点の釣りはいかが?

家から歩いていけるような水路で、なおかつ少しの道具だけで楽しめるのがナマズのルアーフィッシングの魅力です。

暑い時間を避けて水面を割る迫力のバイトをぜひ味わってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました