関西で人気の性転換する魚・キュウセンの生態や釣り方の紹介

お手軽魚図鑑

まるで熱帯魚のようにカラフルな魚、それがキュウセンです。見た目はきれいなので面白いですが、エサ取りとして釣り人からはあまり好まれていない魚です。

今回はそんなキュウセンについてかる~く紹介します。

スポンサーリンク

形態

メスは最大で20cmほど、オスは30cmにまで達します。体の側面には太い黒線があり、その周囲に赤い点線があります。この赤線が9本あるので、キュウセンと呼ばれています。

メスは赤っぽい体色、オスは青っぽい体色をしています。口はオチョボ口と呼ばれる小さな口をしています。

ウロコは大きく、はがれにくいです。

引用:写真AC

生態

沿岸域、特に内湾の浅い岩礁と砂地が混じる場所を好みます。

若い個体はタイドプールに取り残されているのを観察することもできます。昼間は海底付近を泳ぎ、甲殻類、貝類、多毛類をオチョボ口で少しずつ捕食します。夜間は砂に潜って眠ります。

産卵期は5月~7月です。孵化したばかりのキュウセンはほとんどがメスで、成長するにつれてオスに性転換します。いわゆる雌性先熟の魚です。

繁殖のためにオスがメスを取り合うと、傷付いてしまいますが、最低限の大きさまで性別がメスばかりであれば、オス同士の争いを防ぐことができるため、結果的に種の保存につながります。

分布

九州地方を除く日本全国に分布しています。比較的低温に強い種です。

利用

瀬戸内海で漁獲されたベラは高級魚として取引されています。それ以外の地域、特に東日本ではあまり価値のない魚として扱われています。

一方で中国では、キュウセンを使った料理は歴史があり、様々なレシピで会いあsれ艇ます。

釣り方

関西では夏には乗合船が出るほど釣りの対象として人気があります。

キュウセンを釣る際は、夜間は眠ってしまっているため昼間を狙いましょう。チョイ投げやウキ釣りで釣ることができます。

エサはイソメやオキアミが良いと思います。キュウセンは口が小さく、エサを一気に丸呑みするということはないので、小さめのハリにエサを小さくつけると食いが良くなります。

リール竿を使うよりもノベ竿を使って釣ると、思っているよりも強い引きが味わえるのでおすすめです。

食べ方

キュウセンは夏が旬です。上品な白身は柔らかい食感で、刺身もおいしいですが加熱してもおいしく食べれます。

広島県ではハブテ焼きというキュウセンを使った郷土料理があります。甘辛く煮付けたキュウセンを一晩おき、炭火で焼いた料理です。味が良くしみているのでキュウセンをよりおいしく食べることができます。

キュウセンを食べる際は水質が良い場所で釣れた個体を食べることをおすすめします。なぜならばキュウセンは雑食性なので、その水域にあるものは何でも食べて身が臭くなるからです。

まとめ

東日本では釣りの外道ですが関西では大人気でおいしい魚です。もしもキュウセンが釣れた際は、せっかくなので持ち帰っておいしく料理してみてはいかがでしょうか?

専門に狙ってみたくなるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました