夏が旬の高級魚・マゴチの特徴を紹介

お手軽魚図鑑

マゴチは肉食性で平べったい、ヒラメと似たところが多い魚です。今回はマゴチの特徴について紹介します。

 

スポンサーリンク

特徴

 

分類

分類 カサゴ目コチ科コチ属
学名 Platycephalus sp.
英名 Bartail flathead
別名 コチ・ホンゴチ

マゴチの仲間にはワニゴチやイネゴチなどがいて、10種類程度が日本近海に生息しています。マゴチはその中でも大型の種類で、おいしい魚です。

 

分布

暖かい水を好み、西太平洋からインド洋の温帯、熱帯域まで広く分布しています。

日本では太平洋側は宮城県より南、日本海側では新潟県より南に生息しています。

 

形態

 

 

全長は50cm程度で、最大で1m近くまで成長することもあります。フラットヘッドという英名からもわかるように、頭部が押しつぶされたかのように平べったくなっていることが特徴です。

体は細長く、頭部と同じように平たくなっています。海底で生息するのには適した体つきです。

上からの捕食者に発見されにくく、エサになる小魚などにも発見されにくいです。これは同じく海底で生息するエイの仲間にも同じことが言えます。

腹側は白く、背中側は茶色っぽい色をしていて、まだら模様があります。ですが海底の砂や泥の色に合わせて体の色を変えることができます。

ウキ袋はないので、泳ぐことは苦手としています。

背ビレは2つに分かれていて、後ろ側の背ビレは尾の辺りまで伸びています。各ヒレや頬には棘があるので触る際には注意が必要です。

マゴチの目はよく見るとハートのように見えます。

 

生態

波打ち際から水深50m程度の砂や泥の中に潜って目だけを出して潜んでいます。特に夏場は海岸近くまで寄ってきますが、冬場は深場へ移動します。

底棲性の魚で、あまり動き回ることはありません。潜った状態でエサが近くに寄って来た時にとびかかります。

肉食性で、エビやハゼやシロギスなどの小魚、小型のイカやタコを捕食します。シロギス釣りをしているときに掛かったシロギスに食いついてそのまま連れてくることがあるくらいです。

日本では4月~7月ごろに浅瀬の砂場で産卵をします。体長10cm程度までは浮遊生活を送り、やがて底棲生活に移行します。

マゴチは性転換を行う魚です。生まれて2歳ほどまではすべてオスで、体長50cmを超えるとメスに性転換します。

 

文化

コチという名前の由来はいくつか説があります。昔の公家が手に持つ板を笏(コツ)と呼び、体型が似ていてだんだんと訛ったという説や、骨が固いので骨(コツ)と呼ばれていたのがなまったという説などです。

コチを食べると眼を患うと言われていました。マゴチの目はハート形という変わったをしているため、昔の人は目を患うと考えていたのだと思われます。

 

釣り方

マゴチは夏~秋にかけて良く釣れます。沖釣りはもちろん、防波堤や砂浜からも狙うことができます。

エサ釣り

活きたハゼやメゴチ、イワシやエビをエサにしてマゴチを狙います。この際、エサが弱らないようハリに付けることが重要です。

マゴチは底でじっとしているため、エサは海底を泳ぐような感じでアタリを待ちます。

アタリがあっても早合わせは禁物です。完全に食い込むまでじっくりと待つことが重要です。食い込みやすいように柔らかめの竿を使っても良いと思います。

 

ルアーフィッシング

マゴチはミノーやメタルジグ、スプーンでも狙うことができます。ロッドやリールはシーバス用のものをそのまま流用して大丈夫です。

流れ込みや障害物付近がポイントになります。

 

食べ方

マゴチの旬は夏ごろと言われていて、特にその時期は照りゴチと呼ばれています。

美しい白身は癖がなく、刺身でおいしく食べることができます。薄くそいだ刺身はフグにも劣らないと言われているほどです。

他にも唐揚げやなべ、塩焼きにしても非常においしい魚です。残ったアラはまとめて煮付けにすると残さず食べることができます。

マゴチは鱗がはがしやすいですが、ヒレや頬にある棘をはさみで切り落としておくと安全にさばくことができます。

なお、マゴチの腹骨は湾曲しているため、骨抜きで抜きにくいです。素直にそぎ落としてしまったほうが無難かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました