【管理釣り場の紹介と攻略】釣り下手が川場キングダムフィッシングを解説

淡水の釣り
スポンサーリンク

川場キングダムフィッシングとは

川場キングダムフィッシングは群馬県の川場村にある管理釣り場です。

山の静寂の中で最大で80cm近いトラウトを釣ることができるのが魅力です。環境や釣れるトラウトだけでなく、管理している方の優しさも川場キングダムフィッシングの魅力と言えると思います。

 

施設内にはウサギ小屋もあります。

 

所在地

川場キングダムフィッシングの最寄りのICは沼田ICです。高速道路を降りてから15分ほど車を走らせると到着します。

公共機関を利用する場合は上越線の沼田駅で降りて、沼田駅前4番乗り場で川場村内行きのバスに乗ってください。

 

大宮~ 関越自動車道で2時間15分
新宿~ 関越自動車道で2時間30分
前橋~ 関越自動車道で50分

 

利用料金

料金 時間 持ち帰り匹数(50cm以上)
1日券 \4,500 6:00~17:00 20匹(1匹)
午前券 \3,500 6:00~12:00 10匹(1匹)
午後券 \3,500 11:00~17:00 10匹(1匹)
ペア券 \7,000 6:00~17:00 25匹(1匹)
女性・子供1日券 \3,500 6:00~17:00 20匹(1匹)
時間券 \1,500 1時間 5匹(0匹)
\2,000 2時間
\2,500 3時間
\3,000 4時間
\3,500 5時間 10匹(1匹)
\4,000 6時間

5時間券と6時間券は半日券と同じ扱いとなります。1~4時間券以外ですと1匹だけ50cm以上のトラウトを持ち帰ることができます。

50cm以上のトラウトが釣れた場合、管理人の方に写真を撮ってもらうことで500円引き券をもらうことができます。

川場キングダムフィッシングではスタンプカードがあり、半日券ではスタンプ1つ、1日券ではスタンプ2つをもらえます。スタンプが10個貯まると1日無料券1枚と交換してもらえます。

 

営業案内

3月1日~10月31日 6:00~17:00
11月1日~2月末日 7:00~18:00
定休日 無し
TEL 0278-52-2002
住所 群馬県利根郡川場村大字川場湯原546

川場キングダムフィッシング公式サイト

 

貸し竿

ロッド+リール \1,500
ロッド \1,000
リール \1,000

危険防止のため、フライフィッシング用のタックルのレンタルは経験者の方のみとなっています。なお、仕掛けは自分で準備をする必要があります。

ライディングネットとキープ用のネットの貸し出しは無料となっています。

 

レギュレーション

釣りに関するルール

  • 全てバーブレスフックのみの使用となります。
  • ルアーにおけるダブル、トリプルフック及び全てのワーム類フェザージグの使用は禁上です。シングルフックのみの使用をお願い致します。
  • トレーラーは違反行為とみなし退場となりますので、ご注意下さい。
  • 餌つり、引っ掛け釣り等は違反行為とみなし退場となりますので、ご注意下さい。
  • 使用ルアーは7.5g及び8.5cmまでとなります。他のお客様の危険防止の為、それ以上のルアーは使用禁止です。
  • テンカラは禁止です。

釣り場内でのルール

  • フィッシングライセンスは釣りを始める前に購入し見えるところに提示して下さい。
  • 煙草の吸殻、空缶、ライン等のゴミは所定の場所へ捨てて下さい。
  • キャストする際は周囲の安全を確認してから行って下さい。

魚に関するルール

  • リリースする魚を陸に引き上げる行為はやめて下さい。魚からフックを外す場合は出来るだけ魚には触れず、フックをつかんで外して下さい。
  • 魚をさばく際はクラブハウス横にある流し場で行つて下さい。包丁の扱いには充分に気をつけて下さい。

引用:川場キングダムフィッシング公式サイト

 

川場キングダムフィッシングの施設

クラブハウス

クラブハウス内には受付、トイレ、食事スペースがあります。食事スペースではカレーや生姜焼き、豚丼などの食事メニューやアルコールを含むドリンクが注文できます。ラストオーダーは14時30分ごろです。

クラブハウス内ではコーヒーや麦茶が無料で飲めるサービスもあります。

 

 

魚の処理場

魚の処理場はクラブハウスの入り口のそばにあります。蛇口は2つあり、まな板、包丁、たわしが常備されています。

処理した内臓や頭はバケツの中に入れるようにしてください。

 

川場キングダムフィッシングには約7,000㎡の池が1つあります。隣を流れる薄根川から水を取り入れています。

水質は若干濁り気味です。池の中には小さな魚(カワムツ?)が足元付近で泳いでいるのを確認できます。

クラブハウスから見て池の右側がフライフィッシング優先エリア、左側がルアー優先エリアです。

池の周りには日陰になる部分がないので直射日光が当たります。帽子をかぶったり水分補給をこまめに行って熱中症予防をしてください。

 

釣れるトラウト:最大80cmクラスが釣れる

 

川場キングダムフィッシングではニジマス、ロックトラウト、イワナ、ヤマメを釣ることができます。サイズは30cm程度~最大で80cm近い大物を釣ることができます。

川場キングダムフィッシングで釣れるニジマスは頂鱒(イタダキマス)というニジマスです。身がきれいなサーモンピンクで、刺身でおいしく食べることができます。もちろん空揚げやフライ、ムニエルにしても非常においしい魚です。

 

川場キングダムフィッシングの攻略法

流れ込み、水のくみ上げ付近を狙う

特に夏場の間は池の奥側にある流れ込み付近や、池の右側にある水をくみ上げて放出している場所に大量のトラウトが集まっていました。

トラウトの数が多く、活性も高いため狙いべきポイントです。

 

エサやり中は茶色のスプーンを使う

川場キングダムフィッシングでは放流を行うことがあれば、エサやりを行う日もあります。エサは水に浮かぶ茶色のペレットです。

エサやり中はトラウトが水面のペレットに群がっています。この時にペレットと同じ茶色のスプーンを投げ入れるとトラウトが簡単に食いついてきます。

なるべくゆっくり沈むように軽めのスプーンがおすすめです。

 

ミノーやクランクベイトへの反応が良い

川場キングダムフィッシングの池にはカワムツと思われる小魚が生息しています。

トラウトはペレット以外にこの小魚を捕食しているのか、スプーンよりもミノーやクランクベイトへの反応が非常に良かったです。具体的にはスプーンには全く反応せず、ミノーやクランクベイトにばかり反応していました。

ゆっくり動かすよりもリールのハンドルを1秒に1~2回転くらいの速めの動きに良く反応すると思われます。

 

川場キングダムフィッシングへ行ってみよう!

川場キングダムフィッシングは釣れるトラウト、環境、サービス、管理人の方の対応すべてが良い管理釣り場だと思います。

ぜひ行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました