池と用水路でのんびり釣りができる・出羽公園での釣りを紹介

淡水の釣り
スポンサーリンク

出羽公園とは

出羽公園は埼玉県の越谷市にある公園です。

出羽公園は遊具と広い芝生が広がっており、休日に家族連れが多く遊びに来ます。公園のすぐそばを武蔵野線が通るので、電車好きのお子様は喜ぶかもしれません。

テニスコートやバスケットボール場、体育館もあり、体を動かすのにももってこいの公園です。

公園の中央付近には池があり、いつも釣り人でにぎわっています。公園内の用水路でも釣りをすることができます。

 

 

所在地

出羽公園の最寄りのICは草加ICで、高速道路を降りてから10分ほどで行くことができます。

公共機関を利用する場合は新越谷駅西口から出羽地区センター行のバスに乗り、バス停を降りてから1分歩くと到着します。

 

利用料金

出羽公園の駐車場は無料で、釣りの料金もかかりません。ただし、体育館などの施設を利用する場合は料金がかかりますのでご注意ください。

 

営業案内

休園日 無し
TEL 048-963-9225(都市整備部 公園緑地課)
住所 埼玉県越谷市七左町4丁目222

駐車場は2ヶ所あり、合計で140台近くまで駐車することができます。武蔵野線沿いの駐車場は大きな遊具に近く、もう片側の駐車場は体育館に近いです。

池や用水路へはどちらの駐車場からも同じくらいの距離です。

出羽公園

 

出羽公園での釣り

 

池ではヘラブナとブラックバスが狙える

 

出羽公園の中央にある池ではヘラブナとブラックバスを狙うことができます。

 

 

リールの使用は許可されているため、ブラックバスはルアーで狙うことができます。

池のふちはコンクリートで護岸されており、すり鉢状になっているため足元から徐々に深くなっていく構造です。

 

 

池の水深は最大で3mほどあります。ヘラブナを狙う場合は15尺程度の長竿があると快適に釣りができます。

ブラックバスを狙う場合は草の周りや浮いているごみの下、橋の下をワームで狙ってみてください。

 

用水路ではのんびり小物釣りができる(大物も混じる)

出羽公園内の用水路でも釣りをすることができます。階段があるため降りるのも容易です。

 

池とは違い足元から深くなっており、水深は50cm程度だと思われます。足元は少し滑りやすいため注意が必要です。

ウキ釣りをする場合は1m~2mほどの短めの竿が快適に使うことができます。

用水路は少し流れがありますが、草などの障害物周りは流れがよどんでいるためウキ釣りがやりやすいです。

狙える魚はコイ、マブナ、ヘラブナ、クチボソ、ニゴイ、ブラックバスといった多様な魚が釣れます。

 

 

クチボソばかりいるというわけではないので、エサばかり取られるといったこともありません。

メインで釣れる魚はマブナで、15cmクラスの型が子供でも簡単に釣ることができます。

 

池から来たと思われるヘラブナも釣ることができますが、40cm近い大物も釣れるためタモアミがあると便利です。

 

 

エサを撒いていると50cmクラスのコイが寄ってきて仕掛けを切られることがあるため、予備の仕掛けやハリは多めに持っていたほうが良いです。

用水路ではブラックバスをルアーで狙うこともできます。用水路の淵や橋の下、草の周りを狙ってみてください。

 

出羽公園へ行ってみよう!

出羽公園は遊具や芝生で遊ぶことができるため子供連れの方も多く来ます。時には子供と一緒に釣りをして魚と触れ合ってみるということも良いのではないでしょうか?

ぜひ行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました