のんびりマブナが釣れる・古代蓮の里での釣りを紹介

淡水の釣り
スポンサーリンク

古代蓮の里とは?

古代蓮の里は埼玉県の行田市にある公園です。

行田市のシンボルとなっている「古代蓮」をシンボルとしており、6月~8月は蓮の花が一面に広がる光景を見ることができます。

古代蓮がある池は釣り禁止となっていますが、公園内には釣り用に開放された池があるためそこで釣りをすることができます。

 

 

所在地

古代蓮の里は高速道路からは少し離れており、羽生ICから車で20分ほどかかります。

公共機関を利用する場合は、JR高崎線の吹上駅から工業団地行きのバスや市内循環バスを利用してください。

 

利用料金

古代蓮の里は6月~8月の古代蓮の花が見ごろの時期に限り500円の駐車料金がかかります。二輪車でも同様です。

 

営業案内

駐車場利用時間 終日開放
休園日 無し
TEL 048-559-0770
住所 埼玉県行田市大字小針2375番地1

駐車場は500台近くまで車を駐車することができます。南側と北側の二か所に駐車場があり、南側のほうが大きいです。

南側は展望タワーやうどんの売店に近く、北側の駐車場は釣り池に近くなっています

古代蓮の里

 

 

古代蓮の里での釣り・マブナが中心のウキ釣り

古代蓮の里の釣り池ではマブナがメインターゲットとなります。

 

 

リールの使用は禁止されているため、ノベザオを使ったウキ釣りで狙います。

池には木製のデッキが5つ設置されており、非常に足場が良いです。デッキには出っ張りがあるためそこに万力をセットしてヘラブナ釣りのスタイルで釣りをすることも可能です。

水深は最大で60cm程度で、足元までマブナが寄ってくるので1~2m程度の短めの竿で十分です。釣れるマブナは15cmクラスがメインとなりますが、最大で30cm近い大物も釣ることができます。

 

古代蓮の里の釣り池にはコイも生息しています。しかし、十数回釣りをしてみても1度もコイがかかることはなかったため、仕掛けを破壊されることはあまり考えなくて大丈夫だと思います。

クチボソの数も多いため、最初はエサばかり取られてしまいます。クチボソを散らすために根気よくエサを投入してマブナを寄せると快適に釣りができます。

 

 

古代蓮の里へ行ってみよう!

古代蓮の里はシーズン中は蓮の花や周辺の田んぼアートを見る人たちでにぎわっています。行田市の観光がてら古代蓮の里でのんびりと釣りをしてみてはいかがでしょうか?

ぜひ行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました